【北見エリア】高気密住宅の8つのメリット

アーバンハウスでは、1棟ごとに気密測定を行い、性能報告書によりお客様の家の隙間相当面積を報告させて頂いております。

 

今回はひかり野M様邸の気密測定を行い、0.10㎠/㎡という結果でした。

総隙間相当面積は13㎠で約3.6cm角(消しゴム1つ程)の隙間しかないという結果となりました。

スーパーシェル2×6工法は、世界トップクラスの高気密性能を実現しているため、大手ハウスメーカーさんでも、この数字を出すのはとても難しいのではないでしょうか。

 

では、なぜ高気密が必要なのか?

 

暖めた部屋の熱を逃がさないため、また計画換気を行うためにも、気密性は必要になります。

例えば、ポットのふたが開いていると熱いお湯も冷めてしまいますし、穴の開いたたばこも、吸いにくいものです。

 

また高気密化の最大のメリットは、健康的な住環境によって家を長持ちさせることです。

 

高気密住宅の8つのメリット

 

  • 漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る(ランニンコスト低減)
  • 壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する(ランニングコストの低減)
  • 壁体内結露を防止する(長寿命化)
  • 計画換気の性能保持(空気の鮮度維持)
  • 室内の上下温度差の解消(快適性の向上)
  • 安定した室内の湿度管理(快適性、健康性の向上)
  • 外気汚染物質の侵入防止(空気の鮮度維持、健康性の向上)
  • 施工精度の確認(ハウスメーカーの施工技術力の確認)

 

気密性能を確保するためには、高性能な建材、および高い職人の技術が必要となります。

 

高気密であれば断熱材の性能を100%発揮できるので、暖冷房費を抑えることができ、効率の良い省エネを実現できます。

さらに、「夏涼しく、冬暖かい住まい」で快適に過ごすことができます。

 

「暑さ、寒さのストレスから解放されて、いつも快適に過ごしたい」という、理想の住まいを実現するのがアーバンハウスの高断熱高気密住宅です。

 

お家の事でしたら、分かりやすく説明・アドバイスをさせていただきます。

家づくりに関する相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る