【北見エリア】斜里町、ZEH(ゼッチ)仕様S様邸建築中

これからは、国が定めた基準値に値する新築住宅を建てなければいけない時代になります。

 

そのためには高気密、高断熱、省エネ性、太陽光パネルの設置等さまざまな対応をして、2020年までには全体の50%がZEHに値する住宅になる事を国が目標に上げています。

 

ZEHと言う言葉を聞いた事ありますでしょうか?

 

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

 

アーバンハウスではそのZEH住宅を、現在、斜里町にて建築中。

※これから太陽光パネルを設置していきます。

一生に一度の住宅なので、個性的なデザイン住宅を求めるのも大事ですが、やはり性能がかなり重要になってきます。

 

これから新築を計画される方は、性能に配慮して、バランスの取れた家づくりを目指す事が大切です。

 

土地探し、住宅ローンに関するお問合せも承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

一覧に戻る